受講者を送迎するために派遣社員が重宝される

分業制を徹底している企業ほど、派遣社員に受講者の送迎を任せます。派遣社員が受講者を送迎することによって、現場の業務遂行能力が安定します。
送迎を必要としている受講者が複数人存在するとして、正社員は膨大な仕事量を抱え込んでいるために対応できないときが派遣社員の出番です。雇用契約の内容が受講生の送迎に特化している派遣社員であれば、他の作業に労力を割くことなく運転し始められます。時間を問わず送迎の依頼を受けると、進行している作業があろうとも受講者の要求に応える必要があるからです。安全運転を実現させるには体調管理が必要不可欠なので、緊張感を持って勤務し続けることが求められます。しかしながら、送迎を専門業務とする派遣社員には優遇措置が取られる事例が多いです。たとえば、受講生が予定を消化する数時間前には仮眠を取るように指示されます。疲労感を取り除くことによって、運転中に眠気が生じにくくなります。事情を知らない正社員から見れば怠惰な派遣社員と評価せざるを得ませんが、心配することはありません。受講生を送迎する業務を全うするためには勤務時間中であろうとも休息が必要である旨は、全ての従業員に伝えられているからです。
労使契約を締結するときの目的が受講者の送迎にある場合、派遣社員は業務遂行を円滑にさせる必要があります。雇い主の許可をいただき路上を運転して経路組み立ての参考にしたり、遠方まで詳細に知ることができる地図を閲読します。両方とも勤務時間中に行うことが許されているので、土地勘を身に付ける義務が派遣社員にはあります。外に出て運転したり地図の内容を理解することに肯定的な考えを持っているのなら、働きやすい環境と言えます。

ページの先頭へ戻る